そもそもマーケティングとは?【ニーズとウォンツを分析】

タクヤ
こんにちは!タクヤです!
マーケティングを勉強し始めた方がおそらく最初に疑問に思うこと、それはそもそもマーケティングとは?何?と疑問に思うと思います。
今回はマーケティングの勉強をし始めた方が理解できるようにマーケティングについて解説していきます。

何を中心に考えるか?

マーケティングは製品やサービスを顧客に届けるために行うものです。
しかし、販売活動とマーケティング活動は異なるものとなります。

  • 販売活動は商品を中心に考える。
  • マーケティング活動は顧客を中心に考える。
タクヤ
「自分たちが売りたい商品」から始まる販売活動に対して、
「顧客が何を求めているのか」から始まるのがマーケティング活動になります。

消費者のニーズを知るために情報を収集して、それにあった製品やサービスを開発して顧客に提供する活動が基本となります。

マーケティングの定義

フィリップ・コトラーは「製品および価値の創造と交換を通じてニーズやウォンツを満たすプロセス」と定義しています。

マーケティングの目的

ピーター・ドラッカー(経営学者)は
「顧客について十分に理解し、顧客に合った製品やサービスが自然に売られるようにすることこそがマーケティングの目的」

タクヤ
コトラーとドラッカーの言葉からマネジメントにおいて顧客をしっかりと理解することの重要性が伝わってきますね!

市場側のマーケティングで大切なこと

ニーズ
人間が生活するうえで必要な製品・サービスが欠乏していると、感じること。
優先度が高いためウォンツよりも消費行動につながりやすい。
ウォンツ
 特定のものを欲しいと思う欲望のこと

企業側のマーケティング活動

  • 開発 市場を分析したうえで、ライバル商品との差別化を図り、消費者に選んでもらえる商品を生み出す
  • 分析 今の流行と次のトレンドをいち早く察知し、消費者の消費傾向を推測する。
  • 広告PR メディアを通じ、会社や製品の特徴を世の中に広めるために行う活動のこと。
  • 販売 直接、または小売店など仲介業者を経て、消費者の元に商品を届ける。

 

広告宣伝に用いられる媒体
  • マス広告 テレビCM、ラジオ、新聞、雑誌など
  • インターネット広告 リスティング広告、アフェリエイト広告、ソーシャルメディアなど
名前
それぞれに大別され、それぞれ費用、ターゲット、形式など様々な形があります。

まとめ

人々のニーズやウォンツを分析して、開発して消費者に提供する。
その一連のシステムの全てが「マーケティング」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

takuya

28歳 テレビ関係の会社で約5年働く。→自分が何をやりたいのか、わからなくなる。→営業スキルを身につければ、間違いないと考える。→営業職に転職→マナブさんのYouTube動画を見てWebマーケティングが自分のやりたいことだと気付く→運営ブログ タクヤブログを開設→Webマーケティング会社への転職を計画中 icon by iconpon.com