缶コーヒーを飲む時に気をつけること

<br /> タクヤ
こんにちはタクヤです。

今回は缶コーヒーを飲む時には気を付けることを記事にしました。

空腹時に飲むと胃もたれを起こすこともある。

缶コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種の成分が含まれています。

クロロゲン酸は糖尿病予防やダイエット等体に良い効果をもたらしてくれますが、胃液を過剰に分泌させるという注意点があり、
空腹時に缶コーヒーを飲むと胃もたれや、胸焼けを起こすことがあります。

14時以降は飲まない方が良い

コーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激する効果があり、過剰に摂取すると交感神経の働きが乱れ、体内気管の働きが不安定になり、体調を崩すこともあります。
さらに研究で14時以降に缶コーヒーを飲むとカフェインの影響で睡眠に悪影響が出ることが分かっています。

飲むタイミングとしてベストなのは朝です。
朝に飲めばカフェインの効果をベストなタイミングで実感することができます。

もし、缶コーヒーを飲んで体調が悪くなった場合の対処法

水を飲む

水を飲んでコーヒーを薄めましょう。

牛乳を飲む

牛乳を飲んで胃酸で溶ける胃の粘膜を守ります。

タクヤ
皆さんもコーヒー飲む時には状況の点を気をつけて飲んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

takuya

28歳 テレビ関係の会社で約5年働く。→自分が何をやりたいのか、わからなくなる。→営業スキルを身につければ、間違いないと考える。→営業職に転職→マナブさんのYouTube動画を見てWebマーケティングが自分のやりたいことだと気付く→運営ブログ タクヤブログを開設→Webマーケティング会社への転職を計画中 icon by iconpon.com