ルート営業のいいところ、悪いところ

タクヤ
こんにちは、タクヤです。

僕は普段、内装資材のルート営業をやっているのですが、
仕事をしていて感じたいいところ、悪いところを紹介していきます。

もし、これからルート営業をやろうとお考えの方がいたら、参考になればと思います。

いいところ

  • 割と自由な時間がある。
  • 忙しい時は本当に休憩をとる暇もないほど、ずっと車を運転して配達をしていますが、
    暇な時は本当に暇で休憩時間も2時間ほど取れる時もあります。

  • 筋肉がつく
  • 基本壁紙や、床材は重たいので、力がつきます。
    入社時に比べると差は歴然です。

悪いところ

  • 配達がある
  • 別に配達がやりたくて入ったわけでもなく、入社面接の時にも詳しく説明がありませんでした、
    本当に配達をやっている時はなんのスキルもつかないので、時間の無駄です。

  • 路上の人に邪魔だと怒られる
  • 納品のため、仕方なく、狭い道に車を停めているのに歩行者や自転車に乗った人に邪魔だと怒られます。
    それは邪魔のはわかりますが、こっちだって好きでやっているじゃないんだから、少しくらい多めに見て欲しいです。

  • スキルがあまりつきにくい
  • 基本、配達が中心になってしまうので、スキル的なものはあまりつきにくいです。
    早くスキルのつく仕事に移りたいです。

結論

僕のやっている内装資材のルート営業は個人的にはおすすめしません。
せっかくならもっとスキルの身に付く仕事をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

takuya

28歳 テレビ関係の会社で約5年働く。→自分が何をやりたいのか、わからなくなる。→営業スキルを身につければ、間違いないと考える。→営業職に転職→マナブさんのYouTube動画を見てWebマーケティングが自分のやりたいことだと気付く→運営ブログ タクヤブログを開設→Webマーケティング会社への転職を計画中 icon by iconpon.com